本文へスキップ

経営ワンポイント講座

損益分岐点売上

1.損益分岐点売上とは?
損益分岐点売上とは、利益が0円となる売上高のことです。
会社は、売上が損益分岐点を上回れば黒字となり、下回れば赤字となります。
2.損益分岐点売上高の計算方法法
損益分岐点売上は下記の算式で計算します
損益分岐点売上高 = 固定費
限界利益率(1-変動比率)
さらに、上記の算式を応用して目標利益から目標売上高の算出が出来ます。
目標売上高= 目標利益  + 固定費
限界利益率(1-変動比率)
(問) 月額 売上高1,000万円 変動費700万円、固定費400万円の場合
①月額損益分岐点売上はいくら? 
②月額50万円の利益を出すにはいくら売上が必要か?
400万円 1,333万円
1-(700万円/1,000万円)
50万円 + 400万円 1,500万円
1-(700万円/1,000万円)
3.損益分岐点売上の活用
・経営計画を立てる際、必要経費からの売上金額の目標設定
 (現状の費用で目標利益を達成するにはどのくらいの売上が必要か)
・売上高が増加しない場合の利益確保の為の変動費・固定費の見直し
  (どの費用をどれだけ削減できれば、利益がでるのか)
・値引き・割引を行う際、行わない場合と同じ利益を出すには、いくらの売上が必要か
・人件費を増やす、設備投資をする場合等に、どのくらいの売上が必要となるか
・目標利益を<財務的支出-減価償却費>とすることで、資金繰り上必要な売上高が算出できる